menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫に関係する仕事!どんな勉強してどの位の期間が必要?

猫関連の仕事にはどんな勉強・期間が必要か

猫関連の仕事に就くには、公的ではないものの、さまざまな資格、知識、技術が要求されます。
どのような勉強を、どのくらいの期間必要とされるのかは、各資格や技術等で異なります。

ここでは、猫関連の仕事に必要なポピュラーな資格、技術をいくつかピックアップして紹介しますので、参考にしてください。

ケース1・トリマー

最も人気の高いトリマーは、猫や犬の美容師です。
トリマーになるには、猫の種類別の毛質、体調、種類別性格の把握、カット等の技術が必要です。

そのためには、動物全般の生態、生体、性格、行動、体質などを学んだり、ブラッシング、シャンプー、カットやドライヤー、爪切りや耳掃除の技術を習得します。

目指すは、トリマーライセンス、キャットグルーマーライセンス、愛玩動物飼養管理士などです。
トリマーは民間資格です。

そのため取得までに必要な期間は、学校等の授業内容によって異なり、1年コース、2年コースの勉強期間が設けられています。

集中的に学ぶ事で、半年から10ヶ月程度の短い勉強期間で、トリマーに必要な知識、資格、技術力を身につけることも可能です。

ケース2・動物介護士

以前に比べて、犬や猫の育つ環境が整いつつあるため、動物の高齢化が深刻です。
そのため、動物介護士のニーズも高まりつつあります。

動物介護士に必要な資格は民間資格です。
そのため、必ずしも資格が必要であるとは限りません。

しかし、動物介護士の専門的な知識や技術がなければ、飼い主の要求に十分対応できません。
そのため、動物介護のスペシャリストになるためには、高齢となった猫の介護の仕方を学ぶだけでなく、飼い主の心のケアのための専門的な知識も必要です。

各学校によって認定する資格に違いはあるものの、3ヶ月から5ヶ月ほどの勉強期間で、動物介護士になることは可能です。

ケース3・愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士は、繁殖した猫を販売するブリーダーや、猫カフェ、ホテルやキャットシッターとして開業する場合に、必ず必要とされる資格です。

ペットケアアドバイザーとも呼ばれており、飼い主からの動物に対する疑問質問、不安等を解消するためのアドバイス、指導ができる資格となります。

愛玩動物飼養管理士になるためには、猫だけでなく、動物全般のことを勉強します。
学校によっては、歴史的背景を学んだり、人間と動物の共存について、動物愛護とは一体なんぞやということを勉強します。

必要とされる勉強期間は、1年ないし、2年で、動物取扱い責任者の資格要件の一つになるので、将来的に独立開業を目標としている方は、絶対に勉強し、資格を取得しておくようにしましょう。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事