menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫関連の仕事に就いているプロはどんな資格を持っている?

猫関連の仕事に就いているプロはどんな資格を持っているのか

猫関連の仕事に就いているプロの方が、実際にどんな資格を持っているのか、調べてみました。
職種別に紹介しますので、参考にしてください。

プロのブリーダーの場合

ブリーダーのプロとして活躍するには、「動物取り扱い業」や「飼育管理士」等が必要です。
しかし、「動物取り扱い業」については、「資格」ではなく、自治体等が実施する講習を受けた後に「登録」で取得できます。

また「飼育管理士」も地域で実施される1日研修のみで、取得可能ですが、?殖技術や飼育能力等全般的な能力が要求される職種であるため、資格よりも経験、知識の豊富さが重要となります。

プロのトリマーの場合

トリマーは猫の美容師です。
現在活躍しているプロのトリマーのほとんどが、トリミング技能士やペットグルーミングスペシャリストなどの資格を保持しています。

しかし、残念ながらトリミング技能士は、民間資格であったため実施している団体が廃止したことから、現在は、その資格を取得することは出来ません。

ペットグルーミングスペシャリストは、NPO法人日本動物衛星看護師協会認定の資格で、グルーミングを行うために必要なさまざまな能力が認められます。

受験資格は、ペット美容関連の3年以上の専門学校、短大、大学卒業者、もしくは2年以上の専門学校卒業と2年以上の実務経験者となります。

これからプロのトリマーになるには、トリミング技能が学べる講座を受講し、その他民間の団体が実施する資格を取得するようにしましょう。

動物看護士のプロ

動物看護士のプロとして活躍されている方は、各団体が実施する資格を保持しています。

  • 日本小動物医師会認定の動物看護師
  • 日本動物病院福祉協会認定の動物看護士
  • 日本動物衛生看護士協会認定のアニマルヘルステクニシャン
  • 一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会認定の動物看護士
  • 一般社団法人日本ペット技能検定協会の動物看護士

など各専門学校の取り扱いにより異なります。

ただし、2012年より、各協会、団体が実施していた認定を統一した「認定動物看護士」統一試験がスタートしています。

これは、動物医療の高度化という背景をうけ、動物看護士の質向上を目指した動きだと言われて言います。
この後は、公的資格化の動きもあるなど、動物看護士のプロとして働くための資格強化が実施され、さらに専門性の高い仕事として確立されます。

今は、団体や協会等が認定する民間の資格がほとんどですが、ペット業界を取り巻く環境のめまぐるしい変化、動物地位向上や動物の医療の高度化などによって、民間資格が公的、国家資格になることも・・・。

そうなれば、資格取得も今以上に難しくなると予想されます。
猫関連の仕事に就きたい方は、取得しやすい今のうちにスタートを検討したほうがいいでしょう。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事