menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫関連の仕事に就くのに資格があるのと無い人の差は?

猫関連の仕事に就くのに資格の有無の差は

資格があるのと無い人の差って一体なのだろう?と首をかしげる方もいるでしょう。
資格取得に躍起になっているけど、それって意味があるのか・・・。

そんな風に、不安になっている方は、以下を参考にしてください。
ここでは、資格がある人と、ない人の違い、差をまとめています。

就職・転職に有利になる

資格を持っている人と、無い人は、就職や転職にその差がはっきりとします。
「就職に資格は有利だよ」と言われていますが、それとはちょっと違います。

なぜなら、ただ資格を持っているだけは就職に有利とはいえません。

しかし、実際の面接で、資格を取得するために、どのような勉強や技術を学んだのか、など具体的な説明ができれば、その「過程」を評価してもらえます。

雇い側の心理として、何一つ努力しなかった無資格者よりも、一生懸命努力して、資格を取得した人のほうが、高く評価しやすい傾向にあります。

そんな意味もあって、「就職には資格があったほうが有利」と言われる理由の一つです。
就職のために資格を取った、のではなく、資格を取るために、「何をした」かが重要です。

信頼性の高さ

大切なペットの猫を預ける飼い主にとっては、その人の良し悪しを判断する材料になるのが、資格の有無です。

例えば、猫の爪切りや毛のカット、耳掃除を依頼したサロンに、無資格者と有資格者が働いていたら、どの人に大切な猫を預けたいですか?

答えは、後者です。
その人の技術を理解している方であれば、資格の有無は、関係ありません。

しかし、初めて来店される飼い主によっては、資格の有無が、その人を判断する唯一の材料になります。
その点において、資格は、信頼性の高さを印象づけるものとなるのは明らかです。

収入の違い

資格ある人と、無い人とでは、飼い主からの評価もまったく異なります。
例えば、指名制を導入しているペットサロンで、初めて来店される飼い主のほとんどが、資格保持者に、大切なペットの猫を預けるでしょう。

指名される回数の分だけ、技術力向上に繋がります。
技術力が上がれば、当然、指名率が高まり、飼い主だけでなく、雇い主からの信頼性、評価もグッと高くなります。

評価が高くなれば、収入アップも実現可能です。
つまり、資格がある人と無い人では、まずスタートラインに違いが生じるため、収入も日を追うごとに差がついてくるでしょう。

万が一に活かせる

資格がある人と無い人では、「万が一」に大きな差が生じます。
例えば、OLさんで、トリマーの資格を持っていれば、万が一リストラにあっても、トリマーとしてすぐに転職、再就職も可能です。

しかし、資格を持っていない方は、次の仕事先を見つけるのは、非常に厳しいでしょう。その他にも、子育てがひと段落し、40代、50代から再就職を、と考えた場合、男性に比べて、女性の仕事復帰は、簡単ではありません。

ただ、猫関連の資格があることで、再就職先の幅が広がり、年齢問わず、仕事への復帰も実現可能です。
また、資格があることで独立開業も夢ではありません。

以上のことからもわかるとおり、資格があるのと無い人とでは、こんなにも差が生じます。

民間資格なので、必ずしも取得する必要はありませんし、無資格でもちゃんと経験を積んで、実績が認められれば、プロとしてトップで活躍できます。

しかし、資格保持者と無資格者ではスタートラインに大きな差が出てしまうのは明らかです。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事