menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫関連の資格を取るまでの期間や費用

猫関連の資格を取るまでの期間や費用

猫関連の仕事に必要な資格を取るまでの期間や費用は以下の通りです。

獣医師

医学部ほど金額ではありませんが、獣医師の資格を取得するための学習費用もかなり高額です。
関連する大学への入学から卒業までに必要な費用は、1年間で100万前後。

卒業までに6年間の学習期間を要し、もろもろの費用を含めると1000万円前後になることもあります。

動物看護士

動物看護士は動物の医療機関で、獣医師の指示に従い、治療や介護、入院中の猫や犬など動物の世話を行う仕事です。

資格は、民間資格で、一般社団法人の日本ペット技能検定協会認定資格「小動物看護士」、日本能力開発推進協会認定の「ペット看護士」、日本キャリア教育技能検定協会認定の「動物看護士」、日本動物衛星看護士協会認定の「アニマルヘルステクニシャン」などがあります。

これらの資格取得には通学で1年ないし2年、通信講座で半年の学習期間が必要です。
また費用についても、学習スタイルで大きく異なり、通学の場合で30万から50万前後、通信講座を利用すると5万から10万前後となります。

トリマー

トリマーは、猫、犬の美容全般を手がける仕事です。
トリマーの資格を取るためには、通学の場合で、週2,3回の学習時間を1年ないし2年、集中的に学習して、半年から1年は必要です。

費用は、最も安いとこで、2万から3万程度の月謝制から、入学金を含む年間50万から100万円以上の高額な学習費用を設定している所まで幅広くあります。

通信で学習する場合は、半年から1年が平均的な学習期間の目安で、価格は通学のおよそ半分以下の5万円から10万円程度、高くても20万前後となります。

ペットシッター

ペットシッターやブリーダー、動物業界での独立開業に必要な資格は、色々とありますが、中でも必要不可欠なのが「愛玩動物飼養管理士」です。

愛玩動物飼養管理士には、1級、2級があり、学習期間は半年以上1年必要で、受講料が23000円から25000円、試験料5000円必要です。

また登録料として、5000円から20000円が発生します。

キャットフード開発

ペット栄養管理士は、ペットフードメーカ、ぺットショップ、ペットホテルで働く方に人気の資格です。
日本ペット栄養学会が行う民間資格で、ペットの健康向上に貢献できます。

資格の受験資格を得るには、関連する大学、専門学校の卒業が必要です。
ただ、受験資格がない場合は最大2年の学習期間が必要で、その後講習を受ける必要があります。

講習に必要な費用は、約5万円前後です。
その他にも、愛玩動物救命士、カウンセラー、など猫関連の仕事に関わる資格があります。

各資格を実施する民間の団体によって、費用や学習期間、等が異なるので、事前に関連機関のホームページ等で調べてください。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事