menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫関連の仕事に必要な資格の種類

仕事に必要な資格の種類

猫関連の仕事に就くための資格と種類をまとめてみました。

資格1「トリマーの資格」

トリマーの資格は、民間資格で国家資格ではないため、資格がなくてもトリマーとして、働けます。
しかし、本格的なトリマーになるには、民間資格でも保有していたほうがいいでしょう。

最も有名な資格は、JKCの公認トリマー資格です。
ショップ、サロンによっては、JKC公認B級以上の資格を就職の条件としているところも増えています。

資格2「動物看護士の資格」

動物看護士も国家資格や公的な資格がなくても、仕事に就けます。
ただし、2012年よりスタートした、資格認定5団体の協力により、動物看護士統一認定試験がスタートしています。

資格認定5団体とは、農林水産省認定の全日本獣医師協同組合、日本小動物獣医師会、火特別非営利活動法人の日本動物衛生看護士協会、日本動物看護学会、日本動物病院福祉協会の5団体で、今後は国家資格、公的資格が必要となるでしょう。

受験資格は、大学、短大、専門学校で、動物看護学を学んだもの、動物看護士として、3年以上の勤務経験がある方となっています。

その試験を受験するには、大学、短大、専門学校で動物看護学を学ぶことが条件となります。

ブリーダーの資格

ブリーダーの資格も民間資格なので、必ずしも取る必要はありません。
ただし、本格的なブリーダーとして活躍するためにも、財団法人職業技能振興会の実施する「ブリーディング技能師」の資格を取得するといいでしょう。

この資格は、受験ではなく、「受講」のみで取得できます。
その他にも、JCSA認定のブリーダーインストラクターの資格取得もあります。

キャットシッターに必要な資格

キャットシッターとして働くために有利な資格はありませんが、講座を受けることで、認定されるものがあります。

それは、キャットシッタースペシャリストとしての称号です。
その称号を獲得するには、一定期間、キャットシッター養成講座を受講する必要があります。

受講内容は、各認定の専門学校や通信、大学、によって異なります。

独立開業に必要な資格

猫関連の業界で独立、開業を行う場合は、「動物取り扱い責任者」の資格は必要不可欠です。
日本ケンネルカレッジのサポートとで実施されており、登録、専任には、3つの必須条件があります。

一つは、ペット関連の会社、ショップ、事務所での勤務年数が、同一業種で半年以上実務経験があることです。
二つ目は、ペット関連の専門学校、大学、等を卒業していること。
三つ目は、発行ライセンスを取得していることです。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事