menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

副業として猫関連の仕事をすることは可能?

副業として猫関連の仕事をすることは可能か

猫関連の仕事は、副業も可能です。
ただし、中には、メインの仕事との両立が難しいケースもありますので、副業に適している猫関連の仕事をいくつか紹介します。

アルバイトとして働く

OLさんとして、朝9時から夕方6時まで働いている方におススメなのが、トリマーやシッターです。
夜10時ごろまで営業しているペットサロンでは、夕方6時、7時から夜10時までトリマーとして働けるアルバイトを募集しているところがあります。

また、週末土日のみの出勤や週に2,3回などの出勤等、メインのお仕事の妨げにならないようなスタイルで副業も可能です。

ペットサロンとしても、常時人を雇うよりも、繁忙期や来客が多い時間帯に勤務してもらったほうが、「都合が良い」と考えるため、双方にメリットがあります。

また、キャットシッターのアルバイトをする場合は、時間を調整することで、副業として、メインの仕事に支障をきたすことなく、猫関連の仕事に就けます。

例えば、近年急増の単身世帯でペットを飼う場合は、夜間勤務や残業の多いときにペットの猫の世話が出来ない、ホテルに預けることもできない、と言う場合など、キャットシッターが大活躍できます。

インターネットで副業する

猫関連のアパレル業の場合、実店舗を持たなくても、インターネットで服やグッズの販売ができるので、副業には最適です。

時間のあるときに猫の服をデザイン、縫製することもできますし、業者から取り寄せて、ネット販売することも可能です。

独立開業前の副業

独立開業を目指している方は、資金を集めるための仕事と、技術力や経験、ビジネスのスキルを学ぶため猫関連の仕事を副業にする事もおススメです。

例えば高収入が期待できるメインの仕事を一つ持ちつつ、ペットショップ、動物病院、介護施設、ホテルなどパートやアルバイトとして勤務し、独立開業まであらゆる技術を習得する方法です。

いきなり開業するよりも、ある程度の技術、知識、経験を養うことで失敗というリスクが軽減できます。

副業に向かない仕事

ただし、猫関連の仕事全部が副業できるというわけではありません。
特に24時間体制で、世話をしなければならないブリーダーの場合は、別の仕事との両立は難しいでしょう。

また、動物介護士や動物看護士の場合も、残業や時間外勤務等の可能性も高い、緊急性を要する呼び出しが多い、という理由から副業として別の仕事と両立させるのが、やや厳しいと思います。

以上のことからまとめると、猫関連の仕事は、副業に適している場合と、そうでない場合があるので、事前に調べてから副業を行うようにしましょう。

また、会社の規則によっては、副業を禁止しているところもあります。
万が一副業をしていることが会社側にばれてしまった場合、解雇処分、減給処分というペナルティが課せられることもあるので注意をしてください。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事