menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫やペットに関連する仕事の将来性は?

ペットに関連する仕事の将来性は

猫関連の資格や知識、技術を取得しても、就職先がなければ意味がありません。
現在は、とても盛んで高収益を生み出しているビジネスが、数年後には、下落しているなんてことも今の日本では、さほど珍しくはありません。

では、猫関連、動物関連のビジネスの将来はどうなるか、考えて見ましょう。

子供よりもペット数が増えている?

子供を出産する女性が年々減っているにも関わらず、なんとペットを飼う世帯が年々増えているというデータがあります。

ペット超大国となっている日本のペットの数は、2000万以上。
一方、15歳以下の子供の数は、1600万人とペットの数が圧倒的に多いのが分かります。

ペットを取り巻く環境の変化

そして、ペットを取り巻く環境は、以前とは比較にならないほど、質が向上しています。
例えば、キャットフードは高くでも質の良いものを与えたい、という飼い主が増え、少しでも体調が悪くなれば、すぐに病院へ行き検査をする。

万が一に備えて、ペット保険に加入する方もいるでしょう。
さらに、屋外で飼われている猫や犬よりも室内で、しかも飼い主と同じベッドで寝起きを共にしているということも珍しくありません。

そのため、猫、犬の寿命が延び、高齢化も深刻です。
猫や犬、などのペットを取り巻く環境の変化はそれだけではありません。

猫に洋服や靴、靴下を着せて、おしゃれをさせる飼い主や猫専用のベッドを購入する方も多く、動物専用のアパレルショップも年々増えています。

ペットビジネスは今後さらに需要が高まる

上記のことから考えると、今後もペットビジネスは、拡大し、需要は高まると予想できます。

単身世帯のペットの数が年々増えていることを考えると、ペットホテルや介護施設の需要は高まり、健康を管理、病気やけがを治療する動物病院もなくてはならない職場です。

さらに、そこで働く獣医師、動物看護士、介護士やスタッフなど、専門知識を有する人材の確保は急務です。

将来性の高いペットビジネスに誕生する新たな仕事

将来的にさらに需要が高くなると予想できるペット関連に、新たな仕事も年々誕生しています。
その一つにペット捜索を専門とする探偵があります。

飼い猫がいなくなったという飼い主からの依頼を受けて、猫が行きそうな場所を捜索し、保護するお仕事です。

その他にも、飼い主に変わって、猫の散歩を代行する代行業や、猫のストレスを解消するアニマルカウンセラー、猫専門の写真を撮影するペット写真家、猫と猫をお見合いさせて、飼い主の交流を図るイベントなど、実にさまざまな仕事があります。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事