menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫に携わる仕事にはどんな技術(スキル)が必要?

猫に携わる仕事にはどんな技術が必要か

猫関連の業界で活躍するには、さまざまな技術が必要です。
ここでは、仕事別に必要とされる技術を色々と紹介しますので参考にしてください。

ケース1・トリマーに必要な技術

トリマーに必要な技術は、グルーミングです。
グルーミングとは、ブラッシング、耳掃除、シャンプーに爪切り、毛のカットなど美容全般の技術を言います。

まず、ブラッシングでは、専用のコームやスリッカー等を使って、毛を整えたり、毛のもつれ、絡みをほぐすなど、見た目の印象を良好に保つ以外にも、猫ちゃんの血行や代謝機能の回復、向上を行います。

耳掃除は、専用の綿棒などを使い、耳の垢や汚れ等を取り除きます。
感覚器官でもある耳に触れられることを嫌がる猫ちゃんもいるため、暴れたり、興奮する猫ちゃんをおとなしくさせる技術も要求されます。

毛の長い猫ちゃんの場合は、カットによって見た目の印象が大きく変わるため、デザイン力も必要です。
その他、シャンプーやドライヤー、爪のカットなどの技術が必要です。

ケース2・医師、動物看護士、介護士に必要な技術

獣医師に必要な技術は、当然ですが、病気を治すスキルです。
専門的かつ高い技術と、猫だけでなく、あらゆる動物に対応できる臨床の技術や知識が求められます。

動物看護士は、猫や犬などの動物と飼い主、そして獣医師の間に立ち、それぞれの気持ちや情報を正確に伝える役割があるため、猫や動物を含めたあらゆる立場を理解できる技術力が求められます。

それだけでなく、病気の猫や動物の状態を詳しく把握するため、糞便、尿、血液等の検査技術、カルテ整理など事務技術等トータル的な技術が要求されます。

動物介護士は、病院で働く看護士とは違い、トリミングやシッター、トレーニング、体調管理等、あらゆる技術を習得しなければなりません。

高齢で、体の不自由になった猫、ペットのすべての世話を行うのが動物介護士の仕事です。

ケース3・ブリーダーに必要な技術

交配、繁殖、販売を行うブリーダーにもあらゆる技術が必要とされます。
オス猫と、メス猫を飼っていれば、自然と子供を生み、販売できるのではありません。

特に、珍しい猫や血統書つきの猫の場合は、交配、繁殖が難しく、高い技術力が要求されます。
交配から出産だけでなく、助産や健康的に育てる育児技術、そしてビジネス能力等全般の技術が必要です。

以上のように、仕事の内容によって必要とされる技術はそれぞれで違います。
好きという気持ちだけではどうすることもできない技術もあるため、専門的な知識や技術を取得するため、専門学校や通信教育等を利用して、資格を取る人も年々増加しています。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事