menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫関連の仕事でもらえる給料の相場は?報酬と年収

猫関連の仕事でもらえる給料の相場・報酬・年収

猫関連の仕事に就いたときの収入面(年収など)を紹介します。
職種別で紹介しますので、参考にしてください。

トリマーの収入面(年収など)

猫関連の仕事で最も人気のトリマーのお給料ですが、働く地域や時間、資格等によって金額は異なります。
ただ、正社員として働く場合は、月収で15万から20万円前後です。

民間の資格を取得している場合は、資格手当が加算されるため、初任給で18万円というところもあります。
年収で計算すると、賞与なしで190万から250万円、賞与や手当などの高待遇の環境に就職できれば、年収で500万以上を取得することも可能です。

ただし、場合によっては、トリマー以外の仕事や、ノルマ等を課せられることも少なくありません。

ブリーダーの収入面(年収など)

ブリーダーの収入は、一般的な企業に就職した場合と、個人で行う場合とで、大きな差が生じます。
例えば、一般企業に就職した場合は、平均月収が、18万から20万円前後、年収で計算すると200万円から300万円前後です。

一方、ブリーダー業を営んだ場合は、人気の猫や珍しい種類で、1匹10万円で販売できまので、年間出産が2回から3回で、1匹の猫から、2から3匹の子供が生まれたら、年間150万円の売り上げとなります。

そこから、さまざまな経費を差し引いた金額が、収入となります。
また珍しい種類や人気の猫を複数、交配、繁殖できればその分が収入となるので、やり方しだいで高収入も期待できます。

ただし、流行りに左右されやすい、親猫の体調によって、交配が上手くいなかい、などのトラブルも多く、収入面が不安定であることは明らかです。

獣医師・動物看護士の収入面(年収など)

獣医師の月収は平均で45万円から50万円前後
経験や実績、働く環境によって異なりますが、年収で600万円前後となります。

自給で換算すると2500円から3000円前後です。
ここ数年の獣医師の月収、年収ともに安定しており、これ以下に落ちることもないでしょう。

一方動物看護士の給与は、働く環境でかなりの差が生じます。
年収が150万円とかなり低いケースもあれば、500万と獣医師とさほど変わりない給与を取得することもあります。

ただし、過酷な仕事環境であることは明らかで、残業、休みなし、拘束時間が長いなどのデメリットもあります。

ペットシッターの収入面(年収など)

ペットシッターのお給料は、ほとんどが時給制です。
相場は、1時間1000円から1500円で、高いところでも1時間2、3千円がいいところです。

都心部と、地方での時給にも差があるので、事前の飼い主との交渉が必要です。

ペットショップ・カフェの収入面(年収など)

カフェ・ペットショップの店員として働く場合は、アルバイト、パート、正社員で給与が違います。
例えば、正社員として働いた場合の月収は、15万円から18万円で、賞与が年2回あります。

アルバイトとして勤務した場合は、時給800円前後が相場で、9時から5時まで、週5日働いた場合、11万円から12万円前後で、賞与、各種保険加入なし、というケースが一般的です。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事