menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

独学で猫関連の資格を学ぶことは難しい!

独学で猫関連の資格を学ぶことは難しい

猫関連の仕事に就くための勉強をするために、独学を選ぶ方も少なくありません。
独学でも確かに猫関連の仕事に必要な資格や技術を学ぶことは出来ます。

しかし、その道のりは、決して楽ではありません。
ここでは、独学での勉強が「難しい」「厳しい」と言われる理由をいくつかまとめてみました。

理由その1・何から勉強したらいいか分からない

独学が難しいと言われる理由の一つに、学習計画の難しさがあります。
「さぁ勉強するぞ」と、意気込んでも、一体何から勉強したらいいのか、分からないのが現実です。

なぜなら、「何が分からないのか」さえも分からないからです。
学校や通信の場合は、猫のプロフェッショナルが一からすべて丁寧に指導するので、机の上に座っているだけで、学習を進めることが出来ます。

しかし独学の場合は、すべての学習計画を考えなければならないので、本格的にスタートするまでの準備期間に時間がかかるケースも少なくありません。

その2・疑問・難問をクリアしにくい

自分で勉強していくと、必ず、「分からない問題」にぶつかります。
学校や通信の場合は、先生に質問することで問題が解決できます。

しかし、独学の場合、その問題もすべて自力で解決しなければなりません。

解決できなければその先に進むことは出来ませんし、万が一、分からない問題を無視して先に進んだとしても、無視した問題がいずれ学習のネックになることは明らかです。

辞書やその他の書籍、参考書等で、問題解決は可能ですが、かなりの時間が必要です。
場合によっては、自力では解決できない問題もあるかもしれません。

理由その3・モチベーションの維持が難しい

独学がもっとも難しいと言われる理由は、モチベーションの維持です。
自分の好きな場所、時間、スタイルで、勉強できる独学は、大変魅力的ですが、沢山の誘惑もあります。

学習の計画を立てたといっても、それを監視するものもいなければ、勉強をしなくても、何一つバツを受けることもありません。

眠たいときに眠り、遊びたいときは遊ぶ、1時間の勉強予定を気分次第で30分に短縮するなど、自由気ままな環境であるがゆえにいつしか、勉強をする意欲は失われます。

すぐ近くに、同じ志を持つ友達も、ライバルも情報を与えてくれる指導者もいないため、モチベーション維持は、大変難しいでしょう。

理由その4・情報収集ができない

独学は文字通りたった一人で、勉強をすることです。
そのため、他からの情報を入手することがとても難しいのもデメリットです。

通学や通信の場合は、現役で猫関連の仕事に従事している方が先生として教壇に立っていたり、学生の中には、アルバイトで猫関連の仕事をしている方も少なくありません。

そのためリアルタイムで、猫関連の情報が次から次へと入ってきます。
しかし、独学は、たった一人で学習するため、新鮮な情報を入手するのは、とても難しいのが現状です。

インターネットを使って情報収集したとしてもやはり限度があります。
その他にも、技術向上が出来ないなどの問題から独学で猫関連の資格や勉強、知識を習得するのは、非常に難しいと思われます。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事