menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

猫関連の資格に勉強費用はどの位かかる?

猫関連の資格に勉強費用はどの位かかるのか

猫関連の仕事に必要な情報や知識、資格取得のために必要な勉強費用について、まとめてみました。

独学、通信、通学などあらゆるタイプで学ぶことはできますが、それぞれでどのくらいの費用を準備する必要があるのか、把握してください。

ケース1「独学」の場合

計画的な学習が得意、一人学習が得意、という方は、独学でも十分猫関連の仕事に就けるだけの資格、技術や知識を養うことは可能です。

独学で学ぶ場合は、関連する書籍が必要です。
目指す猫関連の職種や資格によって、選ぶ書籍が異なり、価格もまちまちです。

また、一般書籍とは違い「専門書」であるため、1冊4000円から5000円前後が相場で決して安い価格では購入できません。

さらに、購入した書籍が、必ずしも自分に適しているとは限らず、本を見つけるまで何冊物書籍を購入しなければならないというデメリットがあります。

1冊4000円から5000円もの書籍を何冊も購入すると、勉強費用は高騰し、場合によっては、通信教材よりも高くなる危険性もあります。

かといって、中古、古本等を利用するのはよくありません。

なぜなら、猫関連の仕事を取り巻く環境は刻一刻と変化し、必要とされる資格も技術も年々異なるからです。

また、技術力の習得が難しい独学は、定期的に通学ないし、通信を必要とするケースも生じます。

勉強費用がもっとも安いと思われている独学ですが、無駄が多く発生するため、トータル的に考えると、通信、通学よりも高くなります。

ケース2「通信」の場合

通信の良いところは、通学の必要がないためバスやタクシーなどの交通費は勿論必要ありません。
また通信は、自宅で都合のよいときに一人で勉強ができるため、わずらわしい交際も、その際に必要な交際費もカットできます。

ただし、教材費用が必要となり、各スクールで金額は異なります。
例えば、動物介護士やペットシッター、トリマーコースの場合は、6ヶ月から1年の教材費用で、8万円から9万円前後

通信学習期間を集中的に行い半年前後に設定すると、さらに価格は安く4万円前後となるケースも少なくありません。

その他にも、通信講座終了後の資格取得、就職斡旋等のアフターフォローを充実させた通信制度を選択しても、10万円後で費用を抑えることが出来ます。

ケース3「通学」の場合

自宅学習が苦手、計画的な勉強ができない、という方には、通学が断然おススメです。
ただし、通学の場合は、独学や通信と比較しても勉強費用が格段に高くなるのがデメリットです。

各学校、スクールによって金額は異なりますが、入学金を含む1年コースで100万前後、高いところでは、1年間で200万という勉強費用が必要なケースもあります。

ただし、独学や通信と比較すると、技術力取得の面でとても有利で、他の学生との交流も深められるメリットがあります。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事