menu

猫関連の仕事に就く方法と資格

資格の年齢制限は?猫関連の職種は何歳でも可能?

猫関連の職種は何歳でも可能か

猫関連の仕事に限らず、「なりたい」という気持ちさえあれば、就けない仕事はありません。

しかし、資格や技術の習得、その他、経験などを必要とする年数によっては、いくつからでも学べる、仕事に就けるとは言い切れません。

ただ、猫関連の仕事は、とりわけ、いくつからでも学べて、その技術や知識を最大限活かせる可能性が、高いということだけは事実です。

猫関連の仕事に就くのに年齢制限はない?

仕事の幅が広く、特別な資格取得の必要性もなければ、万が一資格取得を目指したとしても、1年ないし、2年程度の短い期間で取得できる猫関連の仕事に就くのに、年齢制限はありません。

例えば、ペットショップの場合、簡単な作業程度であれば、50代、60代の年齢で、かつ未経験で働くことは可能です。

ただ、その年齢でも資格や経験があれば、高い能力を要求とされるポジションで働くことが可能で、高収入も期待できます。

さらに、現在活躍している、シッターやブリーダーは、子育てがひと段落したご夫婦が、自宅で行っているケースが多く、その場合も年齢制限は一切ありません。

獣医師や動物介護士の資格をすでに取得している方は、退職制度や体力の許す限り、猫関連の職場で働くことが出来ます。

30代、40代からでも学ぶことはできる?

猫関連の資格や技術力を習得したい場合も、スタートする年齢に制限はありません。
学校に通学されている方の中には、30代、40代のOLさん、主婦の方が多いのも事実です。

1年ないし、2年程度の通学で、必要な資格取得や技術力取得が実現できるため、学びはじめる年齢が遅くても、さほど問題ありません。

となれば、50代、60代の方で、「やる気」と「体力」さえあれば、勉強するのに、遅いということありません。
ただ、大手企業への就職となると、いくら資格を取得しているといえ、その会社の年齢制限によっては、就職できない可能性もあります。

また、体力が要求される仕事に就く場合は、高年齢がネックとなる危険性も高いため、年齢に応じ、職種を選ぶといいでしょう。

実例・48歳、通信教育で動物看護士になった?

実際に、48歳という年齢で、動物看護士の資格を取得し、現役で活躍されている方も少なくありません。
子育てがひと段落し、さてそろそろ仕事に復帰したいなと考えたところ、以前から憧れていた猫関連の仕事に興味を持っていた方で、46歳で通信教育をスタート。

2年の学習期間を経て、晴れて動物看護士の資格を取得し、高齢の猫ちゃんを中心とした仕事に従事しているとか。

このように、動物看護士などは、国家資格ではないので、特別な環境を通学、卒業しなくとも、なれる仕事です。

諦めずに、努力さえ惜しまなければ、だれにでも、そしていくつになっても学べるのが猫関連の仕事の良いところといえます。

猫関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 猫関連の資格について知りたい!
  • とりあえず猫関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
猫関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事